アマチュア数学者の日記

とある大学で数学を学んでいます。専門は偏微分方程式です。高校野球、マラソン、カメラ、数学、etc...多趣味です。様々なことを書いていきます。

ラコステのポロシャツ

こんにちは

皆さんポロシャツは好きですか?おじさんくさいとかダサいとかよく耳にするのですが僕は大好きです。そして、

「ポロシャツといえばラコステ

です。高校の時はラルフローレン派だったのですが、大学ではもっぱらラコステ派です。ユ〇クロとかを着ることは絶対無理です笑。毎年1.2枚ほど購入しています。先日俺のタンスには何匹ワニが眠っているのだろう思って、数えてみました。なんと、、、

8匹もいました

この記事を書いている今もラコステのl1212を着ています。一枚一枚に思い出があるんですよね。でもラコステのポロシャツって結構いい値段するじゃないですか。定価で買うと14000円もします。大学生が一枚の服にかける値段ではないです。楽天並行輸入品やAmazonのタイムセールを利用してうまくやっているつもりです。よく

「ユ〇クロと何が違うの?」

とか

「ポロシャツに一万以上払うなんて理解できない」

なんてことを言われます。ラコステマニアの僕の解答はこうです。

・「ユ〇クロと何が違うの?」→ほとんど一緒です。ワニがあるかないかだけだと思ってください

・「ポロシャツに一万以上払うなんて理解できない」→ごもっともです。バカなのは自分が一番よくわかっています。

ではなぜ僕はラコステのポロシャツを買うのか?そんなのかっこいいからに決まってます。あのワニには1万円を払う価値があるのです。少なくとも僕には。まぁファッションなんてのは所詮自己満足の世界で自分がかっこいい、かわいいと思うものを着ればいいと思っています。僕にとってラコステのポロシャツがまさにそれ。誰がなんと言おうとあのポロシャツはかっこいいんです。街でおじさんがポロシャツを着ていて左胸にワニがいたら「お、こいつやるな」なんて心の中で勝手に思ってます。(ワニの向きが逆だと少し軽蔑してます笑)あと、ラコステのポロシャツってデティールが非常にしかっかり作られてるんですよね。着丈の長さや袖の絞りなど興味ない人には興味ないことだけどほんとにこだわって作られていることがわかります。そこもユ〇クロとは違うところだと思っています。そして経年劣化を楽しむことができます。ポロシャツに限らず服全般に言えることなんですが、洗濯を重ねるとどんどんダメになっていくじゃないですか。でもラコステのポロシャツって洗濯を重ねても襟がダメにならないので長く切ることができるんですよね。色が褪せてきてもそれはそれでかっこいいです。そんな服ってなかなかないですよね。そういうところもラコステの魅力だと思ってます。

ということで今日はラコステについてでした。また機会があればポロシャツおすすめランキングなどもやってみたいと思います。