アマチュア数学者の日記

とある大学で数学を学んでいます。専門は偏微分方程式です。高校野球、マラソン、カメラ、数学、etc...多趣味です。様々なことを書いていきます。

数学科について

こんばんは
プロフィールにあるように僕は某大学の理学部数学科に通っております。教育実習で生徒から数学科って何するの?という質問を受けたので、今日は数学科とはどういうところなのかということについて書いてみたいと思います。

 

数学科って何をしているの?→数学をしています。

ですが皆さんが思っているような数学とはちょっと違うと思います。もちろん微分方程式などを用いてバリバリの計算をすることを専門にしている方もいますが、学部生の間は、抽象的な考え方に慣れる練習をしているという感じです。まず公理がありそれに矛盾しない形の定義を行います。その定義からわかる命題を証明し、その命題から発展して定理が導かれます。その定理を証明し、定理から読み取れる主張や足りない概念を考えます。足りない概念を補うために、また新たな定義をして、、、といった感じでそれをずっと繰り返します。これだけを見ると本を読めばわかることじゃないかとなるわけですが、その本を読むことこそが数学をやるうえで一番難しいことなのです。数学の本というのはたいていの場合ものすごく頭のいい数学者の方が書いているわけです。彼らは私たちが生まれる前から数学をしています。そして、一日中数学をして数学で飯を食っているのです。そんな人達が書いた本なので肝心な説明が丸々抜け落ちているなんてことが多々あるわけです。彼らにとってはそんなこと「言うまでもなく明らか」なのですから。なので彼らにとって当たり前すぎて省略してしまった箇所を自分たちで補いながら本を読まなくてはならないのです。時には一日に1ページも進まないなんてこともあります。この行間を埋める作業を繰り返すことで自然と数学の力が伸びていくのです。大学一年生の頃、微分積分の教科書の証明や練習問題の解答が一切なかったのに驚いたことを覚えています。(今考えたらその教科書はだいぶ優しい部類に入るのですが)

 

就職はどうなの→そんなに悪くないです

ただし数学に関係する職業につく人はほとんどいません。多くの人が教員志望で教員にならない人は一般企業に就職します。文系就職する人も割と多いです。最近ではデータ系も人気なのでそこらへんに行くと数学を使うのかな?といった感じです。よく数学科というと就職が絶望的だとか言われますがそんなことはないです。就職活動を行った感触もそんなに悪くはなかったです。まあ結局は人それぞれといったところです。

 

人間関係は?→学科内の交流などはあまりありません

これは数学科に限らず理系全般に言えることですがあまり学科の中で何かしたりということはありません。(大学にもよると思いますが)現に数学科で飲み会をしたことは一回しかありません。しかも半分くらいしか来てないです。たまに教育学部などの学生が学科でウェイウェイしてるのを見ると一回はあんな学生生活もよかったのかなと思ったりします。一方で理学部の中ではダントツでリア充率が高い感じがします(笑)(個人的な感想ですが)理学部の中では実験などもなくて自分の時間が多いからでしょうか。

 

少し長くなりましたが大体数学科のことについてわかっていただけたでしょうか。また機会がありましたら今回とは別の視点から描いてみたいと思います。もし数学科に行こうか迷っている高校生がこのブログを読んでくれていたら、一度「集合と位相」という本を眺めてみてください。本屋に行けば必ず何冊もあります。たくさんの方が同じタイトルで書いていますが、内容はだいたい同じなのでどれでもいいです。大学の数学の雰囲気をつかむことができると思います。この本を見て面白そうと感じたら数学科をおすすめします。なんか違うと思ったら少し考え直すことをお勧めします。